人格障害

 

この人格障害ですが、三つのグループに分かれていて、全部で十種類の人格障害に分類されています。

 

 

A群

奇異もしくは風変わりな人格障害

 

 

 

妄想性人格障害

 

分裂病質人格障害

 

分裂病型人格障害

 

B群

劇的、感情的、もしくは情緒不安定な人格障害

 

 

 

反社会性人格障害

 

境界性人格障害

 

演技性人格障害

 

自己愛性人格障害

 

C群

不安で恐怖感の強い人格障害

 

 

回避性人格障害

 

依存性人格障害

 

強迫性人格障害

 

特定不能の人格障害

 

かんたんな、注釈をつけると、

 

 

A群

1)妄想性人格障害

 

 

 

人間一般に対する長年の疑惑と不信によって特徴づけられます。偏屈者、不正収集家、病的に嫉妬深い配偶者、訴訟好きな変人はこの部類に属します。

 

 

2)分裂病質人格障害

 

 

 

社会的引きこもりを障害に示す患者が該当します。彼らの対人関係における不快感、内向性、温和で窮屈な感情は注目に値するとも言えます。

 

 

3)分裂病型人格障害

 

 

 

精神医学の専門家でない一般人にとっては著しく風変わりで奇妙ではないかと思います。魔術的思考、独特な信念、錯覚と現実感消失は分裂病型患者の日常の一部をなしているのです。

 

 

 

 

B群

1)反社会性人格障害

 

 

 

継続的な反社会的、もしくは犯罪行動によって特徴づけられます。青年期と成人期における、発達に見合う社会的標準に従う能力の欠如とも考えられます。

 

 

2)境界性人格障害

 

神経症と精神病の境界に位置し、非常に不安定な感情、気分、行動、対象関係と自己像があり、しばしば自傷行為に及んだりします。

3)演技性人格障害

 

興奮しやすく感情的な人で、華やかで劇的、外向的な行動をとりますが、彼らのあくどい表現と共に過ごし、長期間、深い愛情を維持していく事は不可能です。

4)自己愛性人格障害

 

自分が重要であるという誇大的な感覚と、何らかの点で自分がすばらしいという大げさな感覚があり自分自身を特別な人と見なし、特別の待遇を期待します。

 

 

C群

1)回避性人格障害

 

 

 

拒絶に対して極端な感受性を示し、それがために社会的に引きこもりますが、非社交的であるのではなく人と交際することを強く望むが、恥ずかしがりやという感じです。

 

 

2)依存性人格障害

 

 

 

自分の要求を他人の要求より軽視し、生活における重要な領域では責任を他人に預け、自信に欠け、長時間一人でいると激しい不安を感じることもあります。

 

 

3)強迫性人格障害

 

 

 

情動の萎縮、準受精、忍耐、強情さと優柔不断があり、この障害に不可欠な特徴は、さまざまな形の完全主義と柔軟性のなさです。

 

 

4)特定不能の人格障害

 

 

 

前記の人格障害いずれにも適合しない障害のためのものである。受動ー攻撃性人格障害、反抗、サディズム、マゾヒズムのようなせまい行動様式や特性もここに分類されます